水道水もだいぶ美味しくなりましたが、やはりウォーターサーバーでもっとおいしい水を飲みたいですよね!

おいしい水が飲めるウォーターサーバーの秘密と使い方

■ウォーターサーバーの消費期限について

・ウォーターサーバーを利用するにあたって

アドセンスイメージ
気になるポイントのひとつに消費期限があります。水だからといって消費期限が長いということはなく、ウォーターサーバーで使用する水にもきちんと消費期限や賞味期限が設定されています。安全性や衛生面に対して高い評価を受けているウォーターサーバーですので消費期限に関してはきちんと把握しておいたほうが良いでしょう。ここではウォーターサーバーの消費期限について紹介していきます。

●メーカーによって異なる

ウォーターサーバーの消費期限というのはメーカーによってかなり大きく異なってきます。メーカーによってというよりも、どのようなタイプの水を使っているのかによって大きく異なるといったほうが良いかもしれません。ウォーターサーバーで利用されている水というのは天然水とRO水の2種類に大きく分けることができます。当然、ミネラルなど様々なものが溶けこんでいる天然水の方が消費期限が短く、限りなく純粋な水に近く余分なものが含まれていないRO水の方が消費期限が長いと言われています。

天然水でのウォーターサーバーの場合だと開封してから2週間から4週間程度を目安に使い切るのが良いと言われています。もしも未開封の状態であれば3ヶ月程度までは消費期限を確保することができると言われています。RO水の場合であればこれらの倍程度まで消費期限を延ばすことができるようになっていますので災害に備えてウォーターサーバーを導入したいという方や、普段あまり自宅にいないため少しでも長く消費期限を確保したいという方はRO水を選んだほうが良いかもしれません。詳しくはそれぞれのメーカーに記載されていますので事前に確認しておくことをおすすめします。

●ウォーターサーバーの水は使い切れる?

・ウォーターサーバーのボトルというのは

一般的には12リットルとなっています。12リットルのものを定期的に使い切ることができるのか不安に感じる方も多いかもしれません。もちろん家族構成などによってウォーターサーバーの水の消費量というのは大きく異なってくると思います。単純に飲料水としてのみ利用していくのであれば場合によっては消費期限のうちに水を使い切ることができないこともあるかもしれません。しかし、毎日の料理などに積極的にウォーターサーバーの水を使えば基本的に消費期限に到達する前に使い切ることができるはずです。成人男性の場合だと1日あたり2リットルから3リットル程度の水分を摂取なくてはならないと言われています(食事による水分も含む)。そう考えてみると、12リットルのウォーターサーバーのボトルというのはあっという間に空になりますよね。