水道水もだいぶ美味しくなりましたが、やはりウォーターサーバーでもっとおいしい水を飲みたいですよね!

おいしい水が飲めるウォーターサーバーの秘密と使い方

■ウォーターサーバー活用術

・美味しい水を飲むことができるウォーターサーバーですが

アドセンスイメージ
単純に安全性の高い水を飲むことができる、美味しい水を飲むことができるというだけでなく様々な生活スタイルやシーンに合わせて使い分けることができるというのも大きなメリットのひとつです。そこでここではウォーターサーバーの活用術について紹介していきたいと思います。

●毎日の料理にウォーターサーバー

ウォーターサーバーを飲料水として利用している方は多いと思いますが、毎日の食事のためにウォーターサーバーの水を利用する方も増えてきています。食事のためにウォーターサーバーの水を使ったもったいないのではないかと感じる人もいるかもしれません。確かに食材を洗うためにウォーターサーバーの水を使うとなるとは多少もったいない感じはします。

しかし、毎日食べるお米を炊いたり、味噌汁や肉じゃがといったスープを作るときにウォーターサーバーの水を使ってみてください。普段作る料理よりも格段に味が良くなっているのに気づくと思います。というのも、ウォーターサーバーに含まれている豊富なミネラルは食材のうまみを閉じ込める効果があったり、肉を柔らかくする効果があるため料理の味をぐっと引き上げることができるんです。特に顕著に現れるのはお米を炊く時でしょう。お米は炊飯器の性能よりも水を選んだほうがよっぽど美味しく炊くことができると言われています。ご飯の水分量を考えてみると当然のことのように思われますね。また煮込み料理などでウォーターサーバーの温水を利用することにより時短効果も狙うことができますのでコストパフォーマンスの向上にも期待が持てます。

●ミルクや離乳食作りに

・赤ちゃんがいる家庭だと

ミルクや離乳食を作るのか大変という方も多いでしょう。特にミルク作りは適用が36~40度前後(人肌程度)がちょうど良いと言われています。しかしミルクというのは1度70度以上で作らなくてはならないことをご存知でしょうか。これによって赤ちゃんの体調崩す原因となる菌を退治することができるんです。つまり、ミルクは一度70度で作ってから人肌程度まで冷まさなくてはならないということに。そこでウォーターサーバーが活躍します。ウォーターサーバーでは90度以上のお湯を出すこともできますし冷水も出すことができます。

もちろん衛生管理がしっかりとされている水を使っているわけですので一度ウォーターサーバーの温水を使ってミルクを作り、冷水で人肌程度に冷ましてあげることによってすぐにミルクを作ることができます。お腹が減って泣いている赤ちゃんがいると焦ってしまうこともあると思いますが、このようなときにウォーターサーバーを利用すればすぐにミルクを用意することができて便利ですね。