水道水もだいぶ美味しくなりましたが、やはりウォーターサーバーでもっとおいしい水を飲みたいですよね!

おいしい水が飲めるウォーターサーバーの秘密と使い方

■ウォーターサーバーで子どもの事故を減らすために

・ウォーターサーバーは非常に便利なものです。

アドセンスイメージ
いつでも冷水と温水を使うことができますし、美味しい水を楽しむことができるということでそれぞれの家庭に広く普及し始めています。また、災害などに合わせて水の備蓄という面でもウォーターサーバーは非常に優秀ですので多方面にわたってウォーターサーバーが高く評価されています。その一方でウォーターサーバーが元になって事故が起こってしまったというケースも少なくありません。国民生活センターにウォーターサーバーの屋上で多く報告されているのが「ウォーターサーバーによる子どもの火傷」です。

ウォーターサーバーはいつでも温水を利用することができるという大きなメリットがありますが、小さな子どもがウォーターサーバーで遊んでしまった際に熱湯で火傷をしてしまったというケースは後を絶ちません。確かに、1歳から2歳程度の乳幼児というのはいろいろなことにチャレンジをしたくなる年頃。また身長もウォーターサーバーの蛇口部分に届いてしまうほど成長していますのでかなり慎重にならざるを得ない部分だと言えるでしょう。 このように、ウォーターサーバーで子どもたちが事故を起こしてしまわないように保護者の方が十分に注意を払わなくてはなりません。

●チャイルドロックのあるウォーターサーバーを選ぶ

・子どもがウォーターサーバーで火傷などの事故を起こしてしまわないよう

チャイルドロックを採用しているウォーターサーバーを選ぶようにしましょう。チャイルドロックをかけることによって温水コックが開かないようになり、不要な火傷などを回避することができるようになります。最近ではほとんどのウォーターサーバでチャイルドロックが採用されています。

●蛇口が丈夫なものを

ウォーターサーバーにチャイルドロックが搭載されているからといって完全に油断するのは危険かもしれません。実際に生活センターに寄せられた苦情の中ではチャイルドロックが搭載されているにもかかわらず蛇口そのものが壊れてしまいお湯が出て子どもが火傷をしてしまったという声もあったそうです。ですので、蛇口が丈夫なものを選ぶというのもウォーターサーバー選びの中で大事なポイントだと言えるのではないでしょうか。従来のひねれば簡単にお湯が出てくるタイプのウォーターサーバーではなく、壊れにくいような丈夫なタイプのものを選ぶようにするためにもウォーターサーバーの写真は必ず隅々までチェックしておくようにしましょう。