水道水もだいぶ美味しくなりましたが、やはりウォーターサーバーでもっとおいしい水を飲みたいですよね!

おいしい水が飲めるウォーターサーバーの秘密と使い方

■ウォーターサーバーの電気代はどの程度かかる?

・ウォーターサーバーを導入するにあたって

アドセンスイメージ
気になるポイントのひとつとして「電気代」が挙げられます。ウォーターサーバーというのは24時間365日電源をつけっ放しにしておかなくてはならないのでそれなりの電気代がかかるのではないか?ときになっている方も多いでしょう。ウォーターサーバーは最近ではコンパクトなものも登場してはいるものの基本的にはそれなりの大きさになっています。

さらに、冷水と温水を常に利用することができるようになっているためかなり電気代が高くつくのではないかと不安になっている方も多いでしょう。確かに、ウォーターサーバーは非常に便利なものですし、美味しい水、安全な水、衛生的な水をいつでも楽しむことができるというのはかなりのメリットだといえます。しかし電気代が家計を圧迫してしまうのでは導入を見送るという家庭も多いでしょう。そこでここではウォーターサーバーで必要となってくる電気代について紹介していきたいと思います。

●意外と安いウォーターサーバーの電気代

・先程も紹介した通りウォーターサーバーは

365日24時間フル稼働しています。ですのでかなり電気代がかかるのではないかと危惧している方もいるかもしれませんが、意外とウォーターサーバーに必要な電気代というのは少ないものです。メーカーによって異なりますが、一般的なウォーターサーバーで必要となる一ヶ月の電気代はおおよそ1000円程度といわれています。これは電気ポットと比べてみても電気ポットよりも安い傾向にあります。ウォーターサーバーは常に温水を出すことができるようになっているわけですので電気ポットを普段から使っている方にとってはウォーターサーバーを導入した方が電気代がお得になると考えて差し支えないのではないでしょうか。ウォーターサーバーには電気ポットにはない冷水機能もついているわけですので使い勝手も格段にウォーターサーバーのほうが良いと言えるでしょう。

●光熱費の削減に使える

このようにウォーターサーバーはいつでも温水を利用することができるわけですので、ウォーターサーバーを家庭に導入することによってお湯を沸かすことがなくなります。ですので、これまでのようにガス代や電気代などがかかってこないというわけですので料理の時間を大幅に短縮することができたり、ガス代の節約に繋がったりといった面で光熱費の削減に繋がってきます。また、夏場に関してはウォーターサーバーはいつでも冷たい水を出すことができるようになっていますので氷を作る必要が無くなったり、冷蔵庫の開け閉めをする回数が減るため電気代の節約に繋がると考えられます。1回あたりの光熱費の削減に関してはそこまで大きいものではないかもしれません。しかし、半年、1年、2年と長く使い続けていくとかなりの違いが出てくることに気づくと思います。