水道水もだいぶ美味しくなりましたが、やはりウォーターサーバーでもっとおいしい水を飲みたいですよね!

おいしい水が飲めるウォーターサーバーの秘密と使い方

■ウォーターサーバーはボトルのタイプも確認しよう

・ウォーターサーバーで利用されているボトルは

アドセンスイメージ
ワンウェイ方式とリターナブル方式の二つが主流となっています。それぞれのボトルによってメリットが異なってくる部分がありますのでウォーターサーバー選びのポイントのひとつとして検討してみましょう。

●ワンウェイ方式

ウォーターサーバーで利用されているワンウェイ方式は最近になって主流になりつつあるボトルのタイプになります。ワンウェイ方式の場合だとボトルの回収を行う必要が無いため、ボトルが空になったらそのままそれぞれの自治体に合わせてゴミとして出すことができるようになっており、空になったボトルをいつまでも部屋においておかなくても良いので省スペースにも繋がるとされています。また、ワンウェイ方式の大きな特徴のひとつとして水が減るごとにどんどん容器がつぶれていくという部分があります。

つまり、使った水の分だけ空気が入ってこないため雑菌などがボトルの中で繁殖するリスクを大幅に下げことができ、より衛生的にウォーターサーバーを利用することができるという強みがあります。このような衛生面に特化しているワンウェイ方式ですので大幅なメンテナンスなどを行う必要がなく、基本的にはセルフメンテナンスですべてを済ますことができるとも言われています。ただし、容器は使い捨てとなっていますのでワンウェイ方式はリターナブル方式と比較するとコストが高くつきやすいというのは覚えておくべきポイントだと言えるでしょう。

●リターナブル方式

ウォーターサーバーで用いられているリターナブル方式というのは使用済みのボトルを回収して再利用することによりエコなウォーターサーバーライフを送ることができるものとなっています。リターナブル方式で用いられているボトルは非常に丈夫で衛生的なものを利用していますし、業者がきちんとクリーニングを行っているのでリサイクル用品とはいえ衛生面は十分確保されています。リターナブル方式の大きなメリットとして挙げられるのがリサイクル方式を採用することによってコストを割安にすることができるという点が挙げられます。

またゴミが出ないので地球環境に取り組むことができるというのも嬉しいポイントですね。ただし、空になったボトルを回収するまで部屋で保管しておかなくてはならないためそれなりのスペースを確保しなくてはならないというのはデメリットのひとつとして挙げられるでしょう。基本的にリターナブル方式の場合だと定期的なメンテナンスを行わなくてはならないということですのでメンテナンス料金ができるだけ安い、あるいは無料で行っている業者を選んだほうが良いかもしれません。