水道水もだいぶ美味しくなりましたが、やはりウォーターサーバーでもっとおいしい水を飲みたいですよね!

おいしい水が飲めるウォーターサーバーの秘密と使い方

■ウォーターサーバーの設置費用について【その2】

・ウォーターサーバーを設置する場合

アドセンスイメージ
ある程度の費用がかかることを考慮した上で導入していかなくてはなりません。ここではウォーターサーバーを設置する際にかかってくる費用の中でも「水」に関する部分について紹介していきたいと思います。

●ウォーターサーバーの水の料金

ウォーターサーバーで利用するミネラルウォーターやRO水といったものは毎月定期的に宅配業者が運んでくれますのでとても便利な使用となっています。業者によっては定期的に宅配をするスタイルではなく、消費者が注文をすることによって高いをしてくれるというところもありますので生活スタイルに合わせて選ぶことができるようになっています。

基本的にウォーターサーバーで利用することができる水というのは業者がサーバーと提携しているもの、つまりセットとなって利用することができるものを利用しなくてはなりません。ウォーターサーバーの水の費用に関してですが、こちらは業者によって大きく異なってきます。例えば天然水やRO水といった種類がウォーターサーバーにはありますが、天然水の方が比較的料金が高く、RO水の方が安い傾向にあります。とはいえ、業者によって異なる部分もあるので一口にできるとは言いがたい部分も。ウォーターサーバーに設置するボトルは12リットル入りのボトルを利用しているところが多いようです。相場に関しては1000円から2000円程度のものが多く、リーズナブルな業者だと1000円以下でも購入することができる場合もあります。また、比較的付加価値が高い天然水などを利用している業者の場合だと3000円以上かかる場合もありますので経済状況や利用目的に合わせて選んでいくようにしましょう。

●ウォーターサーバーの宅配料金

・ウォーターサーバーで利用する水は

宅配業者が宅配してくれるわけなのですが、高い料金が別途必要になる場合があります。ウォーターサーバーに利用する水は基本的に12リットルが1ボトルとなっていますのでかなりの重量があり、有料での宅配になる場合だとそれなりの高い料金が必要になることも考えられます。ですので、できるだけウォーターサーバーで経済的な負担をかけたくないという方は宅配料が無料のところやできるだけ安いところ選びにしたいところですね。実際に見てみるとほとんどのウォーターサーバー業者は宅配量を無料に設定しているところが多いため見つけるのはそう難しく度ではないでしょう。ただし、離島に住んでいたり、交通の便が悪いような地域の場合では有料となる場合もありますので十分確認を行いましょう。